愛車とリフレッシュしたい大人のための軽井沢・浅間エリアおでかけマガジンkaru×2(カルカル)

カルカルはモーターライフとアウトドアを楽しむ大人に向けて、こだわりあるライフスタイルを提案。提携キャンプ場『アースマイルビレッジ』がある軽井沢・浅間エリアの旬な情報もお届け!

       

検索

【コバユリブログ】転機をもたらした旅とスラッペについて…『単車倶楽部』3月号

寒さ深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしですか? 冷え性な私は、日が徐々に長くなってきたことと、膨らみつつある桜のつぼみに励まされる毎日です(笑)。

 

▲グリップヒーター×ハンドウォーマーの暖かさにすがる冬(笑)。それでもバイクはやめられないのです。

 

 

さて、再びのお出かけ自粛期間のお供に、読書を楽しんでいる人も多いことと思います。わたくしのエッセイを連載していただいている、造形社より月刊の『単車倶楽部』最新号(3月号)も、どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

▲表紙はバイク声優のにゃんばちゃんと、話題のトライアンフ TRIDENT660! 乗ってみたいなー。読者さんの笑顔も満載です。

 

 

前回からリニューアルスタートした「コバユリの旅とキャンプと、ときどきお山」。今回は、私に大きな転機をもたらした二つの旅と、もうすぐ13回目の納車記念日を迎える相棒、スラッペ(BMW R80G/S)について綴りました。「どうしてスラッペなんて名前なの?」という方や、「そもそもなんでスラッペに乗ってるの?」なんて方は、ぜひごらんくださいね。それから、冬のバイクでハイクにおすすめのアイテム紹介や、キャンプギア軽量化作戦の続報も!

 

▲初めてのD.I.Y.! 羽目板テーブル、完成しました。軽量化作戦も残るはあと1kg。羽目板テーブル!?と思った方は、前号をごらんいただくか、コバユリのYouTubeでもお話を追っていただけます。

 

 

 

 

そしてこちらは、今から18年前に初めて書いた旅エッセイ本です。誌面で紹介するために、ものすごく久しぶりに本棚から引っ張り出しました。青春だなあ! せっかくなのでSNSにも載せたら、読みたいと言ってくださるフォロワーさんが思いのほかいらして、いま復刻版の制作を検討中。自分でも思いも寄らなかった展開ですが、進展があれば、またこちらでも報告させていただきますね!

 


この記事を書いた人

小林 夕里子
小林 夕里子

『karu×2』編集長。“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームは「コバユリ」。新聞や雑誌で主にオートバイのある暮らしの魅力を綴る。著書に『へなちょこライダーが行く!』(デザインエッグ社)がある。MOTOアウトドアブランド『nomadica』代表。(公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。(公社)日本キャンプ協会認定キャンプインストラクター課程修了。cobayuri.com

あわせて読みたいおすすめ記事