愛車とリフレッシュしたい大人のための軽井沢・浅間エリアおでかけマガジンkaru×2(カルカル)

『カルカル』はモーターライフとアウトドアを楽しむ大人に向けてこだわりあるライフスタイルを提案。アクティブな女性を応援する「WOMANブログ」好評更新中!

       

検索

【コバユリブログ】今こそバイク!『BMW BIKES』2021年春号発売中です

「これでいいのか? 本当に後悔しないのか?」

 

長年連れ添ってきたスラッペ(愛車のBMW R80G/S)を手放して、やたら強そうな中くらいのオフロードバイクに乗り換えようとしている自分に何度も問い続けている。

 

……という夢から覚めて、

 

「ないわ~~~~!」

 

とコロコロ笑いながら布団から這い出したコバユリです。みなさんは最近、どんな愛車の夢を見ましたか?

 

さて今日は、そんなスラッペと私が連載ページを担当させていただいている雑誌、『BMW BIKES』の最新号のご案内です!

 

 

「今だからこそ、バイクと共に。」……このキャッチコピーに大きく頷くライダーはきっと多いですよね。一人きりの時間も楽しめる。ほんの少し走らせるだけでも、世界が開ける。滞っていた”気”が流れ始める。またどうにかがんばれそうな気持ちになる。バイクがあってよかったと痛感した人は、私だけではないはず。

 

今回の連載ページ「コバユリのオーナー探訪 ハロービーマーズ」にご登場いただいたはるかさんも、そんなお一人でした。

 

 

この身長差(笑)! 歳の差もそこそこあった二人(笑)ですが、美味しいパフェとバイクを前に、おしゃべりが尽きることはなく。不自由な毎日の中で変わったこと、変わらなかったこと、むしろ強まったこと…。自分はどうかな、など考えながら、はるかさんのエピソードをお読みいただけたらうれしいです。はるかさん、カフェ『バニービーチ西荻窪』さん、ご協力どうもありがとうございました!

 

 

▲取材をとても楽しんでくれて、自ら進んでレフ版を持ってくださる(!)はるかさんなのでした。

 

 

『バニービーチ西荻窪』さんには、今後フリーペーパー・カルカルの配布場所としてもご協力いただけるとのことで(パチパチパチ!)、近々バックナンバーを持って再訪予定。『BMW BIKES』の巻頭特集内にお店の詳細が載っていますので、そちらもぜひチェックしてくださいね!


この記事を書いた人

小林 夕里子
小林 夕里子

『karu×2』編集長。“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームは「コバユリ」。新聞や雑誌で主にオートバイのある暮らしの魅力を綴る。著書に『へなちょこライダーが行く!』(デザインエッグ社)がある。MOTOアウトドアブランド『nomadica』代表。(公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。(公社)日本キャンプ協会認定キャンプインストラクター課程修了。cobayuri.com

あわせて読みたいおすすめ記事