愛車とリフレッシュしたい大人のための軽井沢・浅間エリアおでかけマガジンkaru×2(カルカル)

カルカルは軽井沢・浅間エリアの旬なおでかけ情報を提供! 余暇を充実させたいアクティブな大人に向けて、モーターライフを豊かにするトピックスも多数掲載。

       

検索

【コバユリブログ】ソロキャンデビュー前のあなたにも、すでにソロキャン派にもおすすめ!『はじめてのソロキャンプガイドブック』

”おひとり様時間”を楽しむ方法を知っている人は、この状況にも左右されず、休日のリフレッシュに成功している。コロナ禍でもアースマイルビレッジでのびのび過ごされていくソロキャンパーさんたちを見ながら、これからはそういう時代なのだなとつくづく思うと同時に、女性も比較的安心してソロキャンできる環境を、これからも進化させていかなければ! と使命感に燃えるコバユリです、こんにちは。

 

今日は、これからソロキャンデビューしたいと思っている人やソロキャンが好きな人におすすめのガイドブックの紹介です。八重洲出版より発売中の「『はじめてのソロキャンプガイドブック』~ソロキャンプの世界がわかる入門書~」!

 

 

ブッシュクラフターとしても知られるお笑い芸人、うしろシティの阿諏訪泰義さんが表紙。仲間とのキャンプが始まりだったという阿諏訪さんが、どのようにしてソロキャンにハマっていったのかに触れることができる巻頭特集は、すでにソロキャンをしている人でも楽しめるし、これからの季節にうれしいソロキャンの防寒対策などは、ビギナーさん必読。ためになる情報がギュッと詰まった一冊です。

 

実はその中の、「ソロキャンプマスターたちのキャンプスタイル」という特集で、不肖コバユリのバイクキャンプスタイルも紹介していただいています。

 

 

フリーペーパー・カルカルのVol.2でもご登場いただいた、旅するファッションモデルほかマルチにご活躍中の山下晃和さんをはじめ、超絶素敵なメンバーに混ぜていただき恐縮しきりなのですが、バイカーに限らずこれからソロキャンを始めたい人にも、何かしら参考になればうれしいです。

 

 

ちなみに撮影が行われたこの日は、取材班にアースマイルビレッジまでお越しいただいたのですが、あまりに天気がよすぎて、”陽待ち”ならぬ”雲待ち”をする場面も!

 

▲眩しすぎる太陽にお手上げの取材班お二人…をパシャリする私もこの日、見事な半袖焼けになりました(苦笑)

 

 

そして、ソロキャンももちろんそうだけれど、今注目が高まっているのはやはり”密”のないオートバイ、というご時世を反映してでしょうか、バイクキャンプに関する他ページもけっこうあるんです! 「バイク楽しそうだけど、自分には絶対無理!」と信じている人にこそごらんいただきたい。かつては自分もそうだと思っていたコバユリからの、おすすめです!


この記事を書いた人

小林 夕里子
小林 夕里子

「karu×2」編集長。“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームは「コバユリ」。新聞や雑誌で主にオートバイのある暮らしの魅力を綴る。MOTOアウトドアブランド「nomadica」、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」をプロデュース。(公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。(公社)日本キャンプ協会認定キャンプインストラクター課程修了。cobayuri.com

あわせて読みたいおすすめ記事