愛車とリフレッシュしたい大人のための軽井沢・浅間エリアおでかけマガジンkaru×2(カルカル)

カルカルは軽井沢・浅間エリアの旬なおでかけ情報を提供! 余暇を充実させたいアクティブな大人に向けて、モーターライフを豊かにするトピックスも多数掲載。

       

検索

『アースマイルビレッジ』が今年もシーズン限定オープン予定!

■シーズン限定キャンプ場、6月から営業開始予定(※新型コロナウィルスの状況により変動)

 

北軽井沢エリアと言えば、人気のキャンプ場が点在する、自然豊かなキャンプ天国。澄んだ空気や水が美味しく、晴れた日の星空の美しさったらありません。毎年シーズン限定オープンするキャンプ場『アースマイルビレッジ』も、6月から本年度の営業を予定しています。

 

アースマイルビレッジは、『プレジデントリゾート軽井沢』のスキーゲレンデ(軽井沢スノーパーク)で夏から秋にかけてオープンするキャンプ場で、今年は6月6日(土)から11月8日(日)までの営業を予定しています(6月は週末のみ営業)。

 

予約は通常、利用日の3か月前から可能で、本来であれば6月6日(土)利用分の予約はすでに始まっているところですが、今年は新型コロナウイルスの影響で、受付開始は準備が整い次第とのこと。ホームページとSNSで告知されるとのことなので、要チェック!

 

 

 

■女性・ビギナー・ライダーに人気。徒歩3分で温泉にも

 

緑色の看板を目印に日本ロマンチック街道(国道146号)から逸れ、森の中を抜ける美しいワインディングをどん突きまで10分ほど。ゲレンデに足を踏み入れた瞬間、鳥のさえずりや木々の葉擦れ音が重なり合う優しい”音”に癒されます。思わず深呼吸をすれば、気分は一気にリフレッシュ。浅間山を望む標高1300mのフィールド全域がクルマやバイクの乗り入れができるフリーサイトで、ソロキャンパーから家族連れまで、愛車をそばにアウトドアを楽しむ人で賑わいます。

 

 

お湯が出る屋内の炊事場や、男女別トイレを備え、管理棟にはレトルト食品からガスバーナーまで、あると便利なものがひと通りそろっています。テントや寝袋などのレンタルサービス、日帰り入浴ができるリゾートホテルの温泉施設まで徒歩3分という好立地が、女性やビギナーでも快適に楽しめると好評です。

 

 

 

アースマイルビレッジのスタッフは、そろってかなりの乗り物好き。ライダーの来場時は、近づいてくるエンジン音でバイクの種類を言い当て合うことも。サイドスタンドプレートの無料貸し出しサービスもあり、マイノリティーであるライダーにも親切なキャンプ場として、リピーターが年々増えています。

 

 

 

■軽井沢観光との組み合わせもおすすめ!

 

ここ数年のキャンプブームで、楽しみ方も多様化しています。「純粋にキャンプを楽しむ方だけではなく、日中は山を下りて軽井沢観光、夜アースマイルに戻ってきて自然いっぱいのテント泊を楽しむ、という連泊のお客様も増えています」とは、場長の中村さん。限られた休日で街も自然も両方満喫したい、という欲張りさんには、ハルニレテラスのある中軽井沢から日本ロマンチック街道を駆け上がって最初にアクセスできるキャンプ場であるアースマイルビレッジは、最良の選択かもしれません。

 

「心置きなく外出ができるようになったら、自然の中で思い切り楽しみたい!」とウズウズしている方、アースマイルビレッジで開放感あふれるキャンプの休日を過ごしてみませんか?

 

 

『Earth-Smile Village (アースマイルビレッジ)』

群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-16
https://www.earthsmilevillage.com/

 

予約方法は下記の3通り。

・予約サイト:『なっぷ』https://www.nap-camp.com/gunma/13817#
・メール:info@earthsmilevillage.com
・電話:050-3637-6500
(営業期間外は電話不通のため、問い合わせはメールにて。)

 

《文/小林夕里子 写真/小林夕里子、他》


あわせて読みたいおすすめ記事