愛車とリフレッシュしたい大人のための軽井沢・浅間エリアおでかけマガジンkaru×2(カルカル)

カルカルは軽井沢・浅間エリアの旬なおでかけ情報を提供! 余暇を充実させたいアクティブな大人に向けて、モーターライフを豊かにするトピックスも多数掲載。

       

検索

連載エッセイ【トーキョー⇔キタカル往復暮らし】①

(2018年3月発行『karu×2』Vol.1 掲載記事)

 

本誌編集長が、監修するキャンプ場『アースマイルビレッジ』のある北軽井沢と、自宅のある東京との往復生活の近況を、地域密着型スーパー『ツルヤ』軽井沢店で出会ったお気に入り食材の紹介とともにお届けします。第1回は、往復暮らしを支えるコンパクトカーとジャムについて。

 

・・・・・・・・・

 

東京の外れから高速に乗り、清楚な軽井沢の町を抜け、日本ロマンチック街道を駆け上がること15分。「群馬県」の標識を見送って、右折を促すキャンプ場の看板が現れる頃、私のもうひとつの日常が始まる。ミラー越しの浅間山に、ときには道ゆく動物たちにも挨拶しながら、美しい緑のアーチを抜けた先に広がるゲレンデが、私の第二の仕事場だ。

 

 

縁あって、ゲレンデから雪がなくなる時季をキャンプ場として監修し始めた2年前から、同じく縁あってキャンプ場の管理人を務めることになった夫とともに、梅雨入り頃から浅間山の初冠雪あたりまでの半年間、東京と北軽井沢を行き来している。月〜木曜を東京で過ごし、金〜日曜はキャンプ場に滞在する。

 

キャンプ場では監修のほか、忙しく働く夫になんとか食事を摂らせたり、ときにはレジ番なんかもするが、あとはたいがい本業の執筆をしている。壮大な景色を前に筆が進んで仕方ない……かと思いきや、あまりの清々しさに頭が空っぽになっていく危うさ(笑)。心を鬼にして秘密の部屋に籠るも、気分転換に一歩外へ出たら最後、楽しそうなキャンパーたちの笑い声にも誘われて、外遊びの虫が治まらなくなる。ハイキングに出かけたり、燻製を始めたり。“ 人をダメにするキャンプ場”というキャッチコピーはどうかしら。

 

ダメにすると言えば、趣味のバイクを通じて出会い、すべての移動を喜々としてバイクでこなしてきたわれら夫婦だが、この往復暮らしをきっかけに、初めて車を購入した。ペーパードライバー歴20年を誇る私のたっての希望により、コンパクトだけど荷物がたくさん積めて、ぶつけても心が折れない程度の中古を探した末のお値打ちファンカーゴは、期待値をはるかに超える頼もしさで、往復生活を支えてくれている。

 

とりわけ幸せなのは金曜日。キャンプ場へ入る前に必ず立ち寄る、ご当地食材の宝庫「スーパーマーケットツルヤ軽井沢店」で、バイクのリアシートに載せ切れるかな……なんて気にせず好きなだけ買い込める喜びよ! まんまと散財街道を突っ走り、エンゲル係数が急上昇。激安ファンカーゴとの不釣合い感にハタと気づいて猛省したダメ妻は以後、一回の買い物につき5千円を超えないと固く心に決めて、決戦の金曜日を迎える。勝率は……、あまりよくない。

 

それでも、どうしても買わずにいられない。陳列棚一面、いや三面くらいを使ってカラフルに並べられた、ツルヤオリジナルジャム。ザッと数えて30種類!(※変動あり。)りんごやあんず、ぶどうに白桃など、信州産の果実ジャムから人気の「○○バター」シリーズまで、どれも美味しくてコスパも上々。なにより、これだけの種類があるから、何度足を運んでも飽きることがない。好きなものを夫とひと瓶ずつ選んで、朝食のお供にするのが、暗黙の恒例行事になっている。

 

夫が淹れたコーヒーと、私が焼いたパンと、ツルヤのジャムと、北軽井沢の美味しい空気。仲よく胃に収まったら一日の始まりだ。薪割りに始まるそこそこハードな肉体労働のおかげで年々ムキムキ感を増す夫の背中を眺めながら、結婚当時のもやしっ子からは少しも想像できなかったな、とクスリ。

 

飽きないということは、けっこう大事なのかも知れない。ジャム選びも、夫婦の仲も。

 

・・・・・・・・・

 

「スーパーマーケット ツルヤ軽井沢店」

長野県内に30店舗以上を展開する地域密着型スーパーマーケット『ツルヤ』は、信州産の新鮮な食材に加えてオリジナル商品も豊富で、“ここでしか買えない”感が訪れる者の財布の紐を緩ませる。カルカル取材対象エリアには、カルカル配布協力店舗である軽井沢店を含めて7店舗あり、別荘族向けの高級食材からお手頃価格のオリジナル品までがそろう軽井沢店に陳列されたジャムの数は、専門店顔負けの約30種類。とかく主婦ばかりがアツくなりがちなスーパーで、家族そろって楽しめるツルヤのジャム売り場へぜひ。長野県北佐久郡軽井沢町長倉2707

 

《文・写真/小林夕里子》


この記事を書いた人

小林 夕里子
小林 夕里子

「karu×2」編集長。“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームは「コバユリ」。新聞や雑誌で主にオートバイのある暮らしの魅力を綴る。MOTOアウトドアブランド「nomadica」、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」をプロデュース。(公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。(公社)日本キャンプ協会認定キャンプインストラクター課程修了。cobayuri.com

あわせて読みたいおすすめ記事