愛車とリフレッシュしたい大人のための軽井沢・浅間エリアおでかけマガジンkaru×2(カルカル)

カルカルはモーターライフとアウトドアを楽しむ大人に向けて、こだわりあるライフスタイルを提案。提携キャンプ場『アースマイルビレッジ』がある軽井沢・浅間エリアの旬な情報もお届け!

       

検索

愛車も大掃除しないとね。ナカライの『サビトリキング』『メッキング』でクロームメッキーパーツを磨いてみた②

愛車に「史上”最鏡”」の輝きを。ナカライのクロームメッキ専用錆取り&コーティング剤、サビトリキング』と『メッキングで、83年製のレトロな愛車を磨いてみる年末レポートの続きです。それでは早速、前回の錆取り作業の成果をごらんに入れましょう!

 

今年一年ほったらかしにしてしまったスポークの錆が…

 

 

ここまできれいになりました!

 

 

 

前回も紹介しましたが、『サビトリキング』の使い方は、ボトルを振って、付属のクロスに取り、優しく磨いて、乾拭きするだけ。それだけで、これが…

 

 

このとおり!

 

 

気持ちイイ~! と、爽快感に浸る前に、メッキを保護するコーティング剤、その名も『メッキング』で仕上げます。こちらも使い方は簡単で、屋外または換気ができる場所で、ボトルの蓋を開け、

 

 

付属の専用クロスに1~2滴取り、

 

 

磨いた個所に薄~く伸ばして、専用のクロスの乾いた部分で乾拭きする、以上です。

 

 

ただし、注意点がいくつかあって、

 

・配合されたクロームの光沢剤が虹ムラになりやすいため、ムラがなくなるまでとにかく薄く伸ばしながら塗布する

・塗布後5~10分ほどで硬化が始まるので、それまでに虹ムラが残っていないかを確認する

・塗布後24時間は水がかからないようにする(3~5日で完全硬化)

 

この3点に気を付けながら作業します。すると…。

 

 

もうこれでもかというほど輝きを放つ私の愛車…。まさにこれ、史上”最鏡”!

 

 

錆びていたサイドスタンドもこの通り。足回りを磨くと、バイク全体がきれいになったように見えますよね。生まれ変わったみたい!

 

 

というわけで、ナカライのケミカルの、噂通りの効果を実感できて大満足。薬剤のチカラを最大限に活かす専用クロスが付いてくるところと、その使い勝手がとてもよいところも気に入りました。特に『サビトリキング』のクロスは洗って繰り返し使えるのがありがたい。

 

 

実は今回、上の写真のように落としきれなかった錆もあったのですが、これは私がまだ不勉強だった昔、金たわしやワイヤーブラシで錆をゴシゴシ擦り落としていたせいで、メッキが傷つき、その中に錆が深く付いてしまっている個所でした。もっと早くサビトリキングに出会っていたら…。まあ、これも13年来の相棒との歴史かな。悔しいけど。

 

みなさんも、錆は力づくで落とそうとせず、ケミカルを上手に使ってメッキを保護してあげてくださいね。クロームメッキパーツがある愛車には、迷わず『サビトリキング』と『メッキング』で、気分スッキリよい年越しを!

 

<文・写真/小林夕里子>


あわせて読みたいおすすめ記事