愛車とリフレッシュしたい大人のための軽井沢・浅間エリアおでかけマガジンkaru×2(カルカル)

『カルカル』はモーターライフとアウトドアを楽しむ大人に向けてこだわりあるライフスタイルを提案。アクティブな女性を応援する「WOMANブログ」好評更新中!

       

検索

あなたはコスパ派?軽量派?”テンマクデザイン×ノマディカ”のツーリングテント『テンゲルコンパクト』続報

《文/編集部 写真/テンマクデザイン、ノマディカ》

 

先月に下の記事でも紹介した、テンマクデザイン×ノマディカのコラボツーリングテント『テンゲルコンパクト』。

”テンマクデザイン×ノマディカ”の人気ツーリングテント『テンゲル』シリーズに『テンゲルコンパクト』が新登場!

 

今年4月下旬の発売まで詳細を待ちきれない!というバイクキャンパーの皆様に向けて続報をお届けします。

 

 

■テンマクデザイン×ノマディカの”テンゲル”シリーズとは?

 

アウトドアブランド『テンマクデザイン』とライダーのためのMOTOアウトドアブランド『ノマディカ』の初コラボレーションワークが、2015年に発売されたツーリングテント『テンゲル』。ロングキャノピーと天井の高さが特徴的で、ビギナーから熟練キャンパーまで幅広い層に受け入れられました。その後、バイクに積みやすい収納サイズや、室内の使い勝手のよさはそのままに、ツーリングテントとしてより標準的な3本ポール構造のテント『テンゲルスタンダード』にリニューアルして現在に至ります。

 

▲現在発売中の『テンゲルスタンダード』。

 

 

テンゲルスタンダード』の魅力は快適さと”コスパ”。耐久性のある品質を保ちつつフレームと生地のコストを見直すことで、税抜き2万円を切る良心価格を実現する一方で、前室の使い勝手はフレームが入ったことでさらに向上しています。バイクのパニアケースやトップケースを置いても余裕の広さ。状況に応じて出入口を3パターンにアレンジできる仕様も、一度体験すると手放せない便利さです。

 

▲『テンゲルスタンダード』のフロントフラップを巻き上げた状態。

(※写真のグリーン色は既に販売が終了しています。)

 

▲フロントパネルに加えて左右のサイドパネルも開放できます。正面のパネルでプライバシーを守りながらの出入りを可能に。

(※写真のグリーン色は既に販売が終了しています。)

 

 

■使い勝手のいい前室がさらに進化!『テンゲルコンパクト』はおこもりソロキャンプにぴったり

 

今春リリース予定の新作『テンゲルコンパクト』は、ネーミングの通り、『テンゲルスタンダード』よりコンパクトなつくりで、インナーテントの床面積、天井の高さともに、ひと回り小さい設計です。

 

つまり単純に、『テンゲルスタンダード』よりも収納サイズが小さく、重量も軽いわけですが、これだけではないのが『テンゲルコンパクト』。前室がさらに進化し、キャノピーポールを使って張り出すとタープなしでも快適空間を創れるフロントフラップに、サイドウォールが新たに備わりました。これにより、雨の日の快適性が向上し、プライべート感も増して、おこもりソロキャンプもじっくりと楽しめます。タープがなくてもこの快適性。まさにライダーのためのツーリングテント!

 

▲新たに追加されたサイドウォール。

 

ちなみにこのサイドウォールは、状況に応じてさらにアレンジが可能。これについては改めてレポートしたいと思います。

 

 

■あなたはコスパ派?軽量派? ポールの材質により2種類

 

コンパクトなだけではない、テンマクデザイン×ノマディカ『テンゲル』シリーズのニューフェイス『テンゲルコンパクト』は、ブリックレッド(フライシート)×カーキ(パイピング)の1色展開で、フレームの材質の違いにより下記の2種類がリリース予定です。

 

【テンゲルコンパクト】=ファイバーグラス製フレーム:本体価格 18,000 円(税込 19,800 円)<重量約4.13kg>

【テンゲルコンパクトライト】=アルミ製フレーム:本体価格 24,800 円(税込 27,280 円)<重量約3.51kg>

 

これだけ充実した仕様で税込み2万円を切るコスパはかなり魅力的! 片や、アルミフレームを採用して約620g軽量化した『テンゲルコンパクトライト』も、積載荷物を軽くしたいライダーにとっては、差額を投資する価値アリですよね。

 

また続報をお知らせします!

 


あわせて読みたいおすすめ記事